こんにちは!
この前から左の肋骨あたりが痛いんですが、その痛みが背中、右側の肋骨までやってきました。
両側痛むんですが、
・体が温まっている時
・仰向けで寝ている時
は痛みが和らぎます。どこかにスイッチがあるのかな?🧐?
とりあえず様子見中ですが、耐えられなくなったら病院電話してみます。
もしかしたら背骨転移の肉腫が原因かなぁ…。

場所が肺近いので「まさか…コロナ?」って不安になりましたが、呼吸で変わる痛みでもないし、熱もなし、他の症状もなし。もし感染症だったらこの前の血液検査で何かしら数値に出ていそうな気もしますし…。
yakkyoku_yakuzaishi.png
3月の医療費です。
非常にありがたいことに3月の医療費は安かったです🤩

<医療費>
脳外科(月またぎの入院分&診察など) 約57,000円
整形外科(治療中:ランマーク注射、検査など) 約16,000円
調剤薬局(デノタスのみ) 約1,000円

合計 約74,000円
3月は分子標的薬が休薬期間分余っていたので負担が少なかった😁!

<調剤薬局を変えた話>
いつも診察が終わると大学病院近くのアイン薬局に寄って薬を受け取り、帰っていました。
病院近くの薬局じゃないといけない理由なんてないのに、なぜか基本的に受診した病院の近くの薬局にいっちゃいます。(薬の在庫の問題もあるけど…。)
で、2月の診察では急いでいたので薬局に寄るのをやめ、翌日近所の日本調剤に行きました。

薬局へは朝一で行ったから時間帯の関係もあると思うけど、アイン薬局より空いているのと近所で楽なのでこれからはここで薬を出してもらおう~と思いました。
その時は薬剤師さんに「来月も来るのでヴォトリエントを仕入れておいてほしい」という話をして帰りました。
そして便利だなと思ったのが、日本調剤では、お薬手帳アプリがあり、処方箋を送信しておくと準備しておいてくれるということでした🤩
私はいつも金曜受診なので次からは、金曜に処方箋送る→土曜出かけるついでとかで薬を受け取ろうかなと思っています。
病院に行くと検査や診察~薬の受け取りまでで半日コースなので、少しでも時間を短縮して時間の有効活用出来たらと思いこれからは日本調剤にお世話になろうと思います☺

<限度額認定証の話>
今まで通りアイン薬局で薬を出してもらっていたら、今月あたりで自己負担額が半額の4万か5万ぐらいになる予定だったんですけど…。
4か月目から自己負担額が下がる多数該当は「医療機関ごと」の縛りがあるようです。
なので新しい調剤薬局での支払いはまた1か月目からのスタートになってしまいました。🧐
薬剤師さん曰く申請すれば差額は返金されるようです。
とはいえこの制度使わないと毎月抗がん剤だけ結構な金額がかかってしまうので本当に日本の医療保険制度には感謝感謝です。健康な時はこのありがたさに全く気づきもしなかった愚か者ですが…。
日本って素晴らしい。

今コロナで大変なアメリカの医療費や治療費が高いことは有名ですよね。
貧困層では健康保険に入っていない人もいるとか…。そんな中でこの状況って絶望的ですよね。
アメリカではコロナの対策でいくらか支給されるようですが結局医療費が高かったら、10万ぐらい支給されても一瞬で消えますもんね。
色々と考えさせられます。。。

ではまた更新します。
関連記事
スポンサーサイト